10年が交換目安~経年劣化による鍵のトラブルを避ける方法~

鍵開けが必要になる鍵の寿命とそのトラブル

紛失だけではない~身近に起こり得る鍵のトラブル~

鍵

鍵のトラブルというと紛失をイメージする人も多いでしょう。しかし、その他にも経年劣化による破損で、鍵開けが必要になるなどのいろいろな問題が起きます。ここで、どんなトラブルがあるのか見てみましょう。

鍵の寿命は10年

鍵開けの業者によると、鍵の寿命は一般的に5~10年といわれています。ただし、寿命は使用環境によって縮まることもあり、湿気の高いところで使用すると経年劣化のペースは早まります。鍵穴に入れても回しにくくなっているのであれば、歪みなどの劣化が進んでいる可能性があります。そのため、早めに交換しないと最悪鍵が折れることもあるため注意しましょう。

経年劣化よって起きるトラブル

解錠の不具合
カギは経年劣化することがあり、使い続けると鍵開けが難しくなることも考えられます。原因としては、鍵にサビや摩耗が起きていることが推測されます。他のトラブルを想定して業者に相談したところ、鍵やシリンダーが経年劣化し、不具合が発生している可能性があるといわれました。ですので、経年劣化が起きているのであれば、そのカギは寿命なので鍵交換したほうがいいでしょう。
鍵折れ
鍵折れの原因として、鍵そのものに問題があるケースも考えられます。また、経年劣化による寿命や、鍵山に傷や変形が見られる場合もあります。鍵が折れてしまって鍵穴につまりが発生した場合、自分で何とかしようと考えるのはよくありません。しかし、そのままにしておくと扉の開閉や施錠ができなくなりますので、速やかに鍵開けのプロに相談するのがいいでしょう。

鍵屋さんからのワンポイントアドバイス

鍵が経年劣化すると、寿命で鍵折れの症状が起きることもあります。そのため、鍵折れが起きるとスペアキーも使えなくなってしまうので、家に入れない、施錠できないという問題が起きます。その場合には、私共鍵開け業者に相談するのがおすすめです。業者に依頼すれば、鍵折れが起きて鍵穴の中に入った鍵の一部が取り出せなくなってしまってもしっかり対処できます。自分で何とかしようとすると悪化する可能性があるので、まずはお問い合わせください。

経年劣化による鍵トラブルは交換も併せて行う

鍵の経年劣化によって開きにくくなる・鍵折れが起きることもあります。その場合、鍵そのものが寿命なので、交換を行わなければなりません。

鍵交換の必要性とは

鍵開け業者では、経年劣化で寿命がきた鍵を交換するサービスも実施しています。この鍵交換をする場合、ディンプルキーなど防犯性の高い鍵への交換がおすすめです。ピッキングやサムターン回しのような方法が広く知られていますが、最近では鍵開けの技術がどんどん進歩しています。ですので、防犯の観点からもより進化した鍵に交換することが大事です。因みに、少し前のディスクシリンダーやピンシリンダータイプの鍵の場合、ピッキングの技術を駆使すれば1分以内で解錠できるという話もあります。こうした点からも、ディンプルキーは防犯性が高いといわれているのでおすすめです。

TOPボタン